分割しにくい財産の分割方法は?

財産が現金や預金などのように分けやすいものばかりだと良いのですが、

不動産や事業用の資産などのように、すぐに現金化できませんね。

このような財産を相続人全員が納得いく方法で分けるのは大変です。

財産を分ける方法は、

①現物分割

②換価分割

③代償分割

④共有

の4つがあります。

①の現物分割は、例えば土地は配偶者、現金や預金は長男というように財産をそのままの形で分ける方法です。

最も分かりやすい分割方法ですが、個々の財産価額に差生じるのがデメリットです。

②の換価分割は、分けにくい不動産などを売却して現金化して分ける方法です。

確かに公平に財産を分けられるというメリットはありますが、

不動産などは、簡単に売却することはできませんし、

その不動産に売却益が発生する場合には、所得税や住民税がかかり、財産が減ってしまう可能性もあります。

財産の分割が難しい場合には、③の代償分割が考えられます。

例えば、自宅を取得した相続人が他の相続人に対して、多く相続した文を金銭(代償金)で支払うとい方法です。

ただし、その代償金をすぐに用意出来れば別ですが、その代償金の捻出方法も考えておかなくてはなりませんね。

その代償金を捻出する方法としては、生命保険を利用する方法があります。これについては、次回以降に投稿したいと思います。

最後に④の共有です。この方法は、不動産などの財産を相続人が持分で持つ方法ですが、

将来的(次の相続以降)に権利関係が複雑となり、かえって問題になるというデメリットがあります。

いずれの分割方法にも一長一短がありますので、分割方法は、慎重にしないといけないでしょう。

#分割方法

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©2016 葛飾区水元|相続資産対策研究会. All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean