団体信用生命保険付き住宅ローンは、債務控除の対象となる?

Q 夫が亡くなり、住宅ローンが2,000万円残っていましたが、団体信用生命保険に加入していたため

その保険金で相殺されました。この場合、相続税の計算は、どうなりますか?

A 通常、相続開始時の住宅ローンの残債は、被相続人の債務として債務控除の対象になります。

一方で、被相続人が保険料を負担していた生命保険金は、みなし相続財産として相続税の対象となります。

その保険金のうち「500万円×法定相続人の数」の金額までは、非課税とされます。

しかし、団体信用生命保険は、

被保険者・・・・・・・・夫(債務者)

保険金受取人・・・・・・金融機関(債権者)

保険金額・・・・・・・・保険事故発生時における住宅ローンの残額

とされていますので、相続人はその保険金を受け取ることができず、相続開始と同時に保険金が

金融機関に支払われ、住宅ローンは消滅します。

相続人がいったん保険金を受け取り、それを住宅ローンの返済に充てるというもではありません。

生命保険金が相続人に支払われないので、みなし相続財産にも該当しません。

よって、このような相続税の申告では、

①団体信用生命保険金は、相続財産にならない。

②住宅ローンは債務控除できない。

③自宅は、通常の相続財産として評価する。

相続税・贈与税の申告|相続対策|財産評価|遺言書・遺産分割協議書作成支援|事業承継のことなら

北千住|相続資産対策研究会

相続税・贈与税についての申告やシミュレーションなどの相談について、足立区北千住の税理士が、

初回に限り1時間無料相談を実施しております。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©2016 葛飾区水元|相続資産対策研究会. All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean