宅地の分割を考える

これから数回に分けて、宅地の分割により、評価額がどうなるかを検討してみたいと思います。

今回は、「正面と裏面に道路がある宅地」についてです。

上記の条件で検討してみましょう。

<分割案①の評価額と相続税額>(単位:万円)

70☓1.00+50☓1.00☓0.02=71(1㎡当たりの価格)

71☓400㎡=28,400(評価額)

相続税の総額 6,280万円

<分割案②の評価額と相続税額>(単位:万円)

A70☓1.00☓200㎡=14,000

B50☓1.00☓200㎡=10,000

A+B=24,000(評価額の合計)

相続税の総額 4,540万円

結果

分割案②の方が、1,740万円税額が少なくなります。

このように分割の仕方によって税額が変動しますし、共有持分で相続すると次の相続の時に、

争続のもとになりますので、十分検討をされた方が良いと思います。

土地の分筆は、相続の後にも出来ますが、手続きに3ヶ月以上掛かる場合もありますので、

相続前に分割がお薦めです。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©2016 葛飾区水元|相続資産対策研究会. All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean